毛抜きでわき毛を抜いていくとざらつき感もない

毛抜きでわき毛を抜いていくとざらつき感もない

毛抜きでわき毛を抜いていくとざらつき感もない

私が思春期の頃、学校の友達がわき毛が生えてきた話をしていた時があります。
その時は色々な興味本位が先で当然わき毛はカミソリで剃るとみんなが話していたと思います。

 

私の母も今は年齢のせいか、わき毛が生えなくなったようですがカミソリで剃っていたのを見ていたので
そういうものなんだと思っていました。

 

私もわき毛がかなり生えてきた時は、剃るのが当たり前のような感じでしたが、でも剃るとすぐに伸びてしまって手触りもザラザラして良いとはいえないと思っていました。

 

それに私はワキガでもあるので、わきはなるべく清潔にしないと余計に悪臭を漂わせると知りなにか良い方法がと思っていました。

 

私は他のムダ毛も毛深い方で一番自分に合った脱毛方法が自分で毛抜きで抜く方法だったので、わき毛にも良いかなと思い試してみました。

 

腕を上げて片方の手でわきをつまむとカミソリでは取り切れないわき毛がいっぱいで見ていて気持ちが悪いし腕を上げた時に見た目が青々としていてきれいでは決してないので、ムダ毛を抜く感覚でやってみました。

 

最初は痛いかなと思いましたが、それが意外と一本一本抜くのはスルスル抜けて気持ちが良いくらいでした。それからはわき毛はお風呂上りの毛穴が開いている状態の時に抜くようにしていますが、剃っていた時より生えてくるのも遅いし、触った感触のざらつき感もないので私には合っている感じです。

 

でも、忙しくて何日もわき毛の毛を抜けないと多くて大変ですが、自分できれいになっていくわきの下を触ったり、いざ見えたりしてもきれいなので安心です。

 

今では、だいたい毎夜わき毛を抜く事が習慣になっているので、いつもきれいな状態を保てていると思っています。

 

そのせいか、気になっているワキガも以前に比べると臭いが酷くはなっていない気がしているので、わきの下をきれいに清潔にする事により、見た目だけではなくワキガ対策までいい方向になっているので、これからも毛抜きでわき毛を抜いていくつもりです。